Memorandum

メモランダム / 主に法務・知財系法務・知財・経営・知財経営・MBA&MOTに関するメモ

タグ:交渉

前々回『企業内法務の交渉術』を紹介した際に、『交渉学的な観点から見た場合、現在の一般的な交渉に関する考え方等を他の交渉学に関する本で補う必要がある』という話をしました。

続きを読む

前回につづいて、法務と交渉、特に契約交渉における法務の役割や責任と権限についてのお話です。
『企業内法務の交渉術』では、法務が契約交渉に参加することを進めています。
私も、基本的に、法務が契約交渉に参加することには賛成の立場ですので、この結論には賛成です。

続きを読む


『企業内法務の交渉術』


続きを読む



昨年末に発売されたレクシスネクシスさんのビジネスセオリー第5弾『法務・知財パーソンのための 契約交渉のセオリー 交渉準備から契約終了後までのナレッジ』は、昨年購入予定に入った書籍のなかで、1・2を争う期待度でした。


続きを読む

2014年11月号のBUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル)にビジネスセオリーシリーズの紹介ということで、刊行予定の『法務・知財パーソンのための契約交渉のセオリー ―交渉プロセスを契約に落とし込むスキルと実践ノウハウ ―』の紹介がありました。

<2015年4月29日追記あり>


続きを読む

先日の「契約交渉と法務の役割①」の続きです。
前回、「取引の実態と、それに対するビジネス判断」の両方をヒアリングすることなく、契約書面だけ見て、ここはリスク、ここは当社に不利といったコメントを付す法務担当者が少なからずいる、という話をしました。
今回は、この点について、少し具体例に説明します。


続きを読む

先日、契約交渉のスタンスにおいて、「とりあえず自社に有利なドラフトを提示し、基本的に修正は不可と言ってから、交渉を開始する」ということについて、ちょっと批判気味に書いてしまったようで、「このような方法はダメなんですか?」というご質問というか、ご意見を頂いてしまいました。


続きを読む

↑このページのトップヘ