前回、少し書きましたが、法務や知財だけでなく、これからは経営に関することを少しづつ書いていこうと思っています。


というのも、こちらのブログに引っ越しをした際に、本ブログのサブタイトルに「知財経営」という言葉を入れましたが、それは環境に変化があって経営に関することを少し真剣に勉強する必要性が生じたからです*1

ただ、法務や知財の知識や経験に比較して、経営に関する知識や経験は多くないどころか、正直言って少ないので、これから私が書いていくことのレベルには、全く自信はありません。

しかしながら、この際、思い切って法務部視点や知財部視点で、経営について語ってしまおうと思います(笑)*2

もちろん、経営サイドが、どのように法務部や知財部を見ているかを理解することは重要だと思っています。
従って、素直に学び、法務と知財にどっぷりつかったビジネスマンの素直な疑問を提起できればと思っています*3

以上、とりあえず、今日のところはお知らせまで*4


<脚注>
*1 これまでも全く勉強をしていなかったわけではありませんが、真剣に勉強する必要がある環境になりました。「環境に変化があって」と言っても、「ちょっとした環境の変化」であり、キャリアチェンジや転職をしたわけではありません。ましてや、偉くなったわけでもありません(笑)。
*2 当面は、それしかできないから、というのが主な理由ですが、その一方で、私のバックグラウンドが法務や知財にあることに変わりはなく、この軸を失ってしまうことは、ある意味、私自身の強みを、他者との差別化要素を放棄してしまうことになるからです。
*3 サラリーマンとして(ビジネスマンではなく、あえてサラリーマンとして)法務と知財の仕事を通算して、かれこれ、16年目に突入です。サラリーマンになりたくない、と思って、というか、自分にはサラリーマンは向いてないし、勤まらないと思っていた学生時代の自分が、なんだか、全くの別人のような気がしています。。。
*4 ただいま勉強中ですので。。。